スクールライフ

年間読書のすすめ

年間読書のすすめ

※各々の図書カテゴリーにある書名をクリックすると書店サイトの当該図書にリンクしています。

書名 著者

内容

価格 発行所

(2016年課題図書)
タスキメシ
額賀 澪
名門校で将来を期待されていた眞家早馬(高3)は右膝骨折という大けがを負いリハビリ中。そんな折、調理実習部と出会い料理に没頭する。陸上部員やライバルたちは早馬が戻ってくることを切実に待っているが……。 1,404円
小学館
三四郎
夏目 漱石
東京帝国大学に入るため九州から上京した小川三四郎。発展する大都会で学問や恋愛に対する衝撃に揺れ動きながら青春時代を過ごす彼のヴィルドゥングスロマンは、今なお、私たちに共感をもたらし続けている。 367円
新潮文庫
河童
芥川 龍之介
ある精神患者の第二十三号はある日、河童に出会い、河童の国に迷い込む。この作品は奇怪な河童の国を通して、当時の日本社会を痛烈に風刺した小説であり、芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つ。 432円
岩波文庫
塩狩峠
三浦 綾子
結納のため札幌に向かった鉄道員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。青年の愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。 767円
新潮文庫
真理先生
武者小路 実篤
戦後に書かれたとは思えないほど「明るさ」がそこにはある。昭和のベストセラーから、自己と他者を肯定する希望の力をぜひとも感じ取って欲しい一冊である。 562円
新潮文庫
燃えよ剣()
司馬 遼太郎
幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。浪人や百姓上りの寄せ集めにすぎなかった新選組を、当時最強の人間集団へと作り上げ、己の思い及ばなかった波紋を日本の歴史に投じてゆく。 各853円
新潮文庫
黒い雨
井伏 鱒二
一瞬の閃光に街は焼け崩れ、放射能の雨の中を人々はさまよい歩く。“黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日常を、無言のいたわりで包みながら、悲劇の実相を人間性の問題として鮮やかに描く。 724円
新潮文庫
銀河鉄道の夜
宮沢 賢治
貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って美しく哀しい夜空の旅をする。銀河鉄道は死後の世界の幻視である。作者の妹の死、友との決別などの原体験が昇華した幻想文学の傑作。 464円
新潮社
きりこについて
西 加奈子
「ぶす」って言葉は、よく聞く言葉であるが、定義があいまいである。本文で「ぶす」と何回も連呼されるきりこを見つめることで、ほんとうの美しさを見つけてほしい。 562円
角川文庫
下町ロケット
池井戸 潤
研究者としてロケット開発に携わっていた主人公は、失敗の責任を取って研究者の道を辞し、親の跡を継いで小さな会社を経営していた。そんな中、ライバル会社から訴訟が届き、法廷闘争に巻き込まれていく。モノ作りに情熱を燃やす男たちの意地とプライド、夢を描いた直木賞受賞作品。 1,836円
小学館
沈まぬ太陽()
山崎 豊子
広大なサバンナで猟銃を構える一人の男がいた。中近東からアフリカへと内規を無視した「流刑」に耐える日々は10年に及ぼうとしていた。人命をあずかる企業の非情、その不条理に闘いを挑んだ男の運命は……。 724円・767円
新潮社
金閣寺
三島 由紀夫
1950年7月1日、「国宝金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に秘められた若い僧の悩み、そして悲劇。 680円
新潮文庫
旅のラゴス
筒井 康隆
突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語。 529円
新潮文庫
その日のまえに
重松 清
昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。それを不意に断ち切る、愛する人の死……。生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集。 648円
文春文庫
出口のない海
横山 秀夫
発射と同時に死を約束された極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前にあった。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手並木は、なぜ自ら人間魚雷「回天」への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは……。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。 659円
講談社文庫
ヒロシマ・ノート
大江 健三郎
1963年、現地を訪れた著者の見たものは、10数年後のある日突如として死の宣告を受ける被爆者たちの「悲惨と威厳」に満ちた姿であった。平和の思想の人間的基盤を明らかにし、現代という時代に対決する告白の書。 778円
岩波新書
非色
有吉 佐和子
戦争直後、勤め先の駐留軍キャバレーで二グロのトム伍長と知り合って結婚。初児のメアリを白雪姫と呼ぶ彼に黒い肌を持つ者の深い悲しみを感じた。『恍惚の人』を手掛けた作者が描く、人種偏見を鋭く凝視した力作。 670円
角川文庫
風が強く吹いている
三浦 しをん
箱根駅伝を走りたい……。そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦しゴールを目指して襷を繋ぐことで仲間と繋がっていく……。 907円
新潮文庫
ツナグ
辻村 深月
一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知できなかった頑固な息子、失踪した婚約者を待ち続ける会社員……。ツナグの仲介のもと再会した生者と死者の物語。 680円
新潮文庫
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド()
村上春樹
一角獣が生きる、壁に囲まれた街に影をはがされ入り込んだ僕が街の謎に迫る物語と、計算士という仕事で働く私がある依頼を受け、事件の渦中へと入り込んでいく物語。作者はこの小説を自伝的小説と位置づけている。 810円、724円
新潮文庫
世界から猫が消えたなら
川村 元気
30歳郵便配達員の僕は余命あとわずか。僕は生きるために様々なものを消すことに決めた。電話、映画、時計……。僕と猫と陽気な悪魔の不思議な7日間の物語。 670円
小学館文庫
真夏のバディ
吉村 龍一
塊太は夏休みのある日、一人旅をしている直次郎と出会う。二人は軽トラで岩手県を旅することになる。互いを思いやりながら次第に友情を深めバディ(相棒)になっていく姿を描く。 562円
集英社文庫
限界集落株式会社
黒野 伸一
日本に山積する様々な問題を一掃する、前代未聞逆転満塁ホームランの地域活性エンターテイメント。過疎・高齢化の為に社会的生活維持が困難な土地「限界集落」の再生に、老人、フリーター、ホステスに犯罪者……。かつての負け組たちが立ち上がる! 771円
小学館文庫
太陽の塔
森見 登美彦
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。しかし水尾さんは、この私を振った! クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する! 497円
新潮文庫
桐島、部活やめるってよ
朝井 リョウ
田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学生生活に小さな波紋が広がっていく。『何者』で第148回直木賞を受賞した朝井リョウの作品。 518円
集英社文庫
オー!ファーザー
伊坂 幸太郎
高校生由紀夫を守る四人の父。由紀夫が遭遇する事件、事件。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語があなたの眼前にその姿を現す。 810円
新潮文庫
白蓮れんれん
林 真理子
大正時代、筑紫の炭坑王の妻で美貌の歌人・柳原白蓮は7歳下のジャーナリストと恋に落ちた。名高い恋の逃避行「白蓮事件」を内外不出の資料をもとに描ききる渾身作。 720円
集英社文庫
県庁おもてなし課
有川 浩
とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手社員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに、人気作家・吉門に観光特使を依頼する。しかし、吉門からは駄目出しの嵐……。お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった! 761円
角川文庫
点と線
松本 清張
社会派推理小説のはしりとも言える「点と線」。この作品の発行以来、社会派推理小説という新たなジャンルを築く。容疑者には鉄壁のアリバイがあるが、ひとりの老刑事が疑惑をいだき、地道な捜査を開始する。 562円
新潮文庫
博士の愛した数式
小川 洋子
主人公が新しく家政婦として働くことになった家には80分しか記憶がもたない元数学者「博士」がいた。主人公と博士、そして息子の3人による心温まる小説である。 562円
新潮文庫
神々の指紋〈
グラハム・ハンコック
1513に描かれたという奇妙な地図。そこには1818年に初めて発見された南極大陸の姿が詳細に描かれていた。しかも、1949年のスウェーデンと英国の南極大陸調査団が初めて明らかにしたクイーンモードランド地方をはじめとする氷床の下の地形までもが正確に描かれていた……。 各689円
小学館文庫
すいかの匂い
江國 香織
あの夏の記憶だけ、いつまでもおなじ明るさでそこにある。つい今しがたのことみたいに――。11人の少女のかけがえのない夏の記憶の物語。 464円
新潮文庫
友情
フレッド・ウルマン
清水 徹・美智子 訳
その人のためには喜んで命さえ投げ出してもいいと思う少年の日の友情。第二次世界大戦前の暗い雰囲気を背景に、貴族の美少年とユダヤ人医師の息子の友情と別れと悲劇的な「再会」を描く。 1,728円
集英社
罪と罰()
ドストエフスキー
工藤 精一郎 訳
独自の犯罪哲学によって、高利貸しの老婆を殺し財産を奪った貧しい学生ラスコーリニコフ。良心の呵責に苦しむ彼の、魂の遍歴をたどる名作。 810円、853円
新潮文庫
夜間飛行
サン=テグジュペリ
郵便飛行業がまだ危険視されていた草創期に、事業の死活を賭けた夜間飛行に従事する人々の、人間の尊厳を確証する勇気に満ちた行動を描く。実録的価値と文学性を併せ持つ名作。 594円
新潮文庫
朗読者
ベルンハルト・シュリンク
15歳のミヒャエルが体験した初めての切ない恋。けれど21歳年上のハンナは、突然失踪してしまう。彼女が隠していた忌まわしい秘密とは……。出版後20言語に翻訳された世界的ベストセラーの日本版。 594円
新潮文庫
シャーロック・ホームズの冒険
コナン・ドイル
百年以上前の古き良きイギリスを舞台に難解な事件を明白な推理で解決する主人公シャーロックの物語は、短編でまとまっていて大変読みやすく、感想文の題材としておすすめします。 594円
新潮文庫

書名 著者

内容

価格 発行所

マララ
マララ・ユスフザイ
女の子が学校に通う権利を訴え、タリバンに襲撃され重症を負ったマララ・ユスフザイさん。幼いころの思い出、家族、タリバンの侵攻、命をかけて訴えてきた「女の子が学校に通う権利」、襲撃を受けた「あの日」、故郷から遠く離れて暮らす現在を語ります。 1,836円
岩崎書店
旅をする木
星野 道夫
広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る、生と死が隣り合わせの生活を、静かで味わい深い言葉で綴る。 518円
文春文庫
もし、日本という国がなかったら
ロジャー・パルバース
半世紀もの日本滞在での様々な体験。そこから育んだ日本への限りない愛情と理解。「世界で最も稀有な存在」の日本を語り、今の日本人に希望と誇りを与える一冊! 1,836円
集英社インターナショナル
面倒だから、しよう
渡辺 和子
小さなことこそ、心をこめてていねいに。シスターである著者の優しい言葉が、心にしみこんでくる。時間に追われ、勉強に追われ、心に余裕が無い時こそ手に取ってほしい一冊。 1,028円
幻冬舎
今日もごちそうさまでした
角田 光代
食わず嫌いを克服することで、次々に出会う未知の食材は、買って作って味わう毎日を楽しい発見で彩ります。読めば読むほど次の食事が待ち遠しくなる、肉食女子エッセイ。 562円
新潮社
人生はワンチャンス!
水野 敬也
カワイイ犬の写真とともに人生が大切なことを学ぶことができる自己啓発本。偉人のワンエピソードと格言を掲載している。 1,512円
文響社
街場の文体論
内田 樹
「論文は花束である」他者に贈与する気持ちをもって、表現活動してゆくことの重要性を著者は、語る。豊かな時代を生きる私たちに必要なことを再認識させてくれる1冊。 799円
文春文庫
じぶん・この不思議な存在
鷲田 清一
「じぶんらしく」なりたい、じぶんとはいったいどういう存在なのか。きっと「じぶんらしくありたい」という概念をもう一度問い直すことになるであろう一冊。 756円
講談社現代新書

書名 著者

内容

価格 発行所

(2016年課題図書)
シンドラーに救われた少年
レオン・レイソン
古草 秀子 訳
「シンドラーのリスト」に載った最年少のユダヤ人による証言録。ユダヤ人虐殺の過酷な体験を生き延びた少年と家族。「最悪の状況で最善のことをした」ごく普通の人間=シンドラーの本当の勇気とは何だったか? 1,782円
河出書房新社
世の中への扉
戦争を取材する―子供たちは何を体験したのか

山本 美香
地雷で脚を失ったアデム、ゲリラに誘拐され兵士にされてしまったターティ、目の前で友達を殺されたアブドゥヌール。明日をも知れぬ毎日でも皆、一日一日を一生懸命に生きています。 1,296円
講談社
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
成功を引き寄せるマーケティング入門

森岡 毅
2015年10月に過去最高の月間175万人を集客し、東京ディズニーランドをも超えて、単月ではあるがついに集客数日本一のテーマパークになった。その秘策とは。 1,512円
角川文庫
人工知能は人間を超えるか
ディープラーニングの先にあるもの

松尾 豊
囲碁世界一の名人にコンピュータソフトが勝ち、今後人工知能は、20年ほどで、半分の職業を奪う可能性があるとオックスフォード大学の研究グループは報告している。 1,512円
角川EPUB選書
やわらかなレタス
江國 香織
寒い場所で飲む温かいジュースとは? ピーターラビットが食べたレタスってどんな味? さまざまな「幸福な食」のエピソードが優しく繊細な言葉で紡がれます。 497円
文春文庫
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
石川 拓治
「不可能だ」といわれた無農薬リンゴの栽培を達成した木村秋則さんの壮絶な人生と家族が乗り越えてきた出来事。諦めない真摯な者の強さがそこには、ある。 576円
幻冬舎文庫
決定版 日本のいちばん長い日
半藤 一利
原爆投下、ソ連満州侵略、最早日本の命運は尽きた。しかし日本政府は、ポツダム宣言に対し判断を決められない。八月十五日を巡る二十四時間を活写したノンフィクション。 648円
文春文庫
(2016年課題図書)
ハーレムの闘う本屋
ヴオーンダ・ネルソン
原田 勝 訳
1939年ニューヨーク7番街に風変わりな書店が誕生した。黒人が書いた、黒人についての本だけを売る店。「黒人は本を読まない」と言われていた時代。世間の嘲笑をよそに、黒人に本を、そして、知識を広めることに尽力したルイス・ミショーの生涯とは……。 1,944円
あすなろ書房

書名 著者

内容

価格 発行所

ペンギンが教えてくれた物理のはなし
渡辺 佑基
クジラやペンギン、アザラシ、アホウドリといった野生動物たちの生活は人間の目に触れず、生態は謎に包まれたままだった。そんな観察困難な動物たちに記録機器を取り付ける手法「バイオロギング」を用い、驚くべき動きのメカニズムを明らかにした1冊。 1,512円
河出書房新社
受験脳の作り方
―脳科学で考える効率的学習法―

池谷 裕二
脳は蓄えるよりも忘れていくほうが多い。試験前に徹夜で詰め込んだ記憶は、呆気なく消えてしまう。一方、興味があるものはすぐに覚えられる。脳の働きを正しく理解して、恐れず受験に挑もう! 529円
新潮文庫
動的平衡
生命はなぜそこに宿るのか

福岡 伸一
生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである。読んだら世界が違ってみえる。哲学する分子生物学者が問う「命の不思議」。今まで体験したことのないサイエンス・ストーリー。 1,646円
木楽舎
脳はどこまでコントロールできるか?
中野 信子
東大大学院卒、「MENSA」会員、今や多数のテレビ番組で活躍中の脳科学者中野信子の、読みやすくそして奥深い脳についての最新の研究に基づいた情報盛りだくさんの本。 840円
KKベストセラーズベスト新書
脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす
甘利 俊一
人工知能が人間の能力を超える「シンギュラリティ」は、本当に訪れか? ロボットが心を持つことが可能になるか?「数理脳科学」の第一人者が不思議で魅惑的な脳の世界を解説。 972円
講談社ブルーバックス
山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
山中 伸弥
「ジャマナカ」と馬鹿にされ、臨床医をあきらめた挫折からはじまった研究……。読みやすい語り口で、iPS細胞の基本もよく分かる、ノーベル賞受賞者の自伝。 1,296円
徳間書店
超面白くて眠れなくなる数学
桜井 進
読み出すとページをめくる手が止まらなくなる超面白い数学エンターテイメント! 数学は宝くじやギャンブル、お化粧のテクニックや漢字の中にまで潜んでいます。 1,404円
PHP研究所
僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。
―東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

出雲 充
「ミドリムシ」の大量培養技術で、世界の食料問題、エネルギー問題、環境問題を一気に解決しようと目論む、東大発ベンチャー企業「ユーグレナ」。創業者の出雲充が語る。 1,620円
ダイヤモンド社

書名 著者

内容

価格 発行所

日本人としてこれだけは知っておきたいこと
中西 輝政
60年前の敗戦をきかっけに、明治も江戸も古代までも全否定する歴史観が支配してきた。近現代世界が大きく変動している今、日本文明の核心を捉える。 799円
PHP新書
数学を知らずに経済を語るな!
高橋 洋一
新聞やニュースでよく見る「増税」という言葉。本当に必要なのか?数学を使うと経済やビジネスがよくわかる。間違った情報に流されないために、「数学は役にたつ」ことが分かる一冊である。 1,404円
PHP研究所
キヨミズ准教授の法学入門
木村 草太
昨年成城大学に合格した本校生徒が、オープンキャンパスの折に法学部教授に紹介された1冊。法学を最高に面白く語る「日本一敷居の低い法学入門」。挿絵は漫画家石黒正数。 907円
星海社新書
言葉の誕生を科学する
小川 洋子
岡ノ谷 一夫
鳥のさえずり、クジラの歌……。「求愛の歌」は進化の過程で「歌」から「言葉」へ飛躍をとげた。言葉を獲得した人間は原子力を生み出し……。人類の行き着く結末は? 1,296円
河出ブックス
池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題
池上 彰・森 達也
本校採用教科書にも採用されている、映画監督であり作家でもある森達也の、現代メディアの問題点を奥深くえぐった好著。あなたはメディアの作為を理解していますか? 1,512円
現代書館
人を見捨てない国、スウェーデン
三瓶 恵子
スウェーデンには受験地獄がない。結婚等が自由。福祉が充実。だが、自立が求められるので、黙って何かを待っているだけでは何も起こらない国。30年住んだ著者の本。 886円
岩波ジュニア新書
悩む力
姜 尚中
現代を代表する知識人の学識と経験の結晶!激変する世界への違和感と、寒々とした孤独感に囚われる現代人に、「悩み」を手放さずに、真の強さを掴みとる生き方を提唱。夏目漱石とマックス・ウェイバーをヒントに書き下ろした珠玉の一冊!! 734円
集英社
鉄道復権
自動車社会からの「大逆流」

宇都宮 浄人
21世紀に入り鉄道が世界中で急成長を遂げている。鉄道はなぜ「復権」したのか。鉄道の新たな効用に気付かない日本に警鐘を鳴らす。脱自動車社会の到来を予見する新しい交通経済学。 1,404円
新潮選書

書名 著者

内容

価格 発行所

同時代を生きた偉人たちが国境越えて大激論!
「開催!世界史サミット」

浅野 典夫
もし、坂本龍馬とマルクスとリンカーンが「資本主義」について話し合ったら……。もし、徳川家康とエリザベス1世とアクバルが「無敵艦隊」について話し合ったら……。新感覚の入門書。 1,512円
徳間書店
「そうだったのか!日本現代史」
池上 彰
ある大学生が、「むかし戦争がありましたよね」と語りかけるので、第2次世界大戦のことだと思っていたら「湾岸戦争」のことだったという。その一方で、京都の人が、「前の戦争で…」というのは「応仁の乱」のことだった、という話もある。この本で歴史を学び、私たち自身のルーツを知りましょう! 788円
集英社文庫
新訳 十八史略
村山 孚
1ページに1、2行の書き下し文が書かれており、わかりやすい現代語訳の後にはその文章の歴史や背景について筆者の豊かな感想が述べられている。盛りだくさんの知識に圧倒される。 972円
PHP新書
故事成句でたどる楽しい中国史
井波 律子
ジュニア新書と侮るなかれ。大学の文学部の基礎知識として十二分な内容が書かれている。読みやすい文章でありつつ、壮大な中国の歴史の流れを掌握できる好著。 907円
岩波ジュニア新書
源氏物語の時代
山本 淳子
「源氏物語」成立に強い影響を与えた一条と后たちの愛の物語。皇位や政権をめぐる権謀術数のエピソードを、史料と最新の研究で紡ぎ上げたサントリー学芸賞・芸術賞受賞作。 1,404円
朝日選書
特攻隊と戦後の僕ら
「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」の軌跡

今井 雅之
戦後派は特攻隊に何を見たのか。戦争を知らない若者たちの熱烈な支持を受け、国連芸術賞の受賞など国際的にも高い評価を受けた舞台「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」。原作・脚本・主演の今井雅之が熱く語る、戦後50年へのメッセージ。 518円
岩波ブックレット