■年間読書のすすめ

※下記カテゴリータブをクリックすると各対象書籍一覧が表示されます。
また、書名をクリックすると書店サイトの当該図書にリンクしています。

書名 著者

内容

価格 発行所

吾輩は猫である
夏目 漱石
「吾輩は猫である。名前はまだない。」読者の意表を突くユーモアで、猫が語る人間社会の奇妙さ、滑稽さ。この作品を下敷きにした作品も多数。時代を超えて読み継がれる傑作! 680円
新潮文庫
鼻・杜子春
芥川 龍之介
顎の下までぶらさがる長い鼻に悩んでいる禅智内供。人間が持つコンプレックスを描いた「鼻」。人間の醜い心に嫌気が差した男は、山奥で仙人を目指す。中国の古典を題材にした「杜子春」。 648円
金の星社
高瀬舟
森 鴎外
自殺未遂の弟を「助ける」ために殺した兄。彼が罪に問われるかがテーマの物語。弟を助けるために殺したのが罪になるのか。実際に兄が弟を「助ける」シーンでは複雑な思いに駆られるのでは。 367円
集英社文庫
銀河鉄道の夜
宮沢 賢治
祭りの夜、ジョバンニは草むらに寝ころんで星空を眺めていた。すると不思議な声と明るい光に包まれ、気が付くと幼なじみのカムパネルラと銀河鉄道に乗っていた?!  美しくも哀しい夜の旅が始まる。 288円
ハルキ文庫
二十四の瞳
壼井 栄
大石先生と12人の教え子の瀬戸内海の小豆島での物語。ユーモラスな人情が描かれつつ、戦争の不幸や貧しい者が常にしいたげられる世の中への怒りも静かに伝わってくる。 389円
角川文庫
潮騒
三島 由紀夫
伊勢湾に浮かぶ小さな島を舞台にした、網元の娘と若い漁師の恋愛物語。出会い、試練、嫉妬とその克服。ギリシャ古典の形に倣い、健全な愛の姿が、三島の圧倒的な筆力で描かれる。 497円
新潮文庫
(2016年課題図書)
ABC!
曙第二中学校放送部

市川 朔久子
零細クラブだった放送部に、孤高の美少女転校生が入部してきた!アナウンス経験ゼロのみさとは、ふしぎな部員たちと共に本気で放送コンクール地区予選を目指すのだが……。 1,620円
講談社
神様のカルテ
夏川 草介
栗原一止は信州の小病院の内科医。大学病院で最先端医療を学ぶ選択肢もあったが、大病院に見放された患者たちと向き合う医者がいてもいいのではと悩む一止の背中を押してくれたのは? 596円
小学館文庫
カラフル
森 絵都
死んだ僕の魂の前に妙な天使が現れ、他人の体に戻れという。生前の記憶のないまま、真という14歳の少年になり、家族や友達と過ごす。青春の迷いと希望をユーモラスに描く物語。 551円
文春文庫
きみの友だち
重松 清
足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんはある事件の後誰とも付き合わなくなる。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。物語にちりばめられた、本当の友だちの意味を探す連作長編。 680円
新潮文庫
バッテリー
あさの あつこ
「本気になれ!おれの球だけを見ろよ!」天才投手巧は、転校先で豪に出会う。巧の投球にほれ込んだ豪はバッテリーを組むが……。野球部を舞台に成長する少年たちの物語。 562円
角川文庫
博士の愛した数式
小川 洋子
家政婦の「私」は風変わりな数学者の世話をすることになった。博士は難しい数式は解けるが、80分しか記憶を維持できない。やがて博士と「私」と10歳の息子の3人に奇妙な友情が芽生える。 562円
新潮文庫
夜のピクニック
恩田 陸
全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。3年生の甲田貴子は最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に自分の中である賭けをした。誰にも言えなかった秘密を清算するために。 723円
新潮文庫
西の魔女が死んだ
梨木 香歩
中学に進んでまもなく、学校に足が向かなくなった少女まいは、初夏へと移り変わるひと月を西の魔女のもとで過ごす。西の魔女こと大好きなおばあちゃんから、魔女の手ほどきをうけるのだが…。 496円
新潮文庫
楽隊のうさぎ
中沢 けい
演奏が終わった。「ブラボォ!」と、声が響いた。小学校では内気だった克久だが、中学校では吹奏楽部に入部した。大会に向けて猛練習を重ねるうち、心の中で何かが変化していく。 594円
新潮文庫
精霊の守り人
上橋 菜穂子
老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国のニノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる死客や異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは戦い続ける。 637円
新潮文庫
つぶやき岩の秘密
新田 次郎
謎の人影が海岸の岸壁から現れ、岸壁に消えた。地下要塞に隠された金塊の行方に迫るうち、紫郎は命を狙われる。明らかになる両親の死の真相。思わず息をのむ冒険小説。 529円
新潮文庫
武士道シックスティーン
誉田 哲也
子どものころから剣道一筋,勝負にこだわる香織。日本舞踊から剣道を始めた自然体の早苗。両極端の二人は反発しながらひかれ合い,剣道に熱中していく…。痛快スポーツ小説。 691円
文春文庫
風が強く吹いている
三浦 しをん
走る。「走る」ってどういうことかを知るために……。挫折の果てに陸上を諦めた走と清瀬は、素人集団10人で箱根駅伝に挑む。それは一人一人の、人生を変える戦いだった。 907円
新潮文庫
夏の庭 The Friends
湯本 香樹実
妙な好奇心から、小6の少年三人組は近所の老人の行動を見張る。言葉を交わすうち少年も老人も変わっていく。生と死の意味が、老人と少年のユーモラスな交流を通して胸に迫ってくる。 464円
新潮文庫
龍は眠る
宮部 みゆき
トリック? 超能力? 君の推理は? 嵐の晩、雑誌記者の高坂は、超能力者と名乗る少年を車に乗せた。少年は、ある死亡事故の真相を語る。そこから物語は動き出す。 961円
新潮文庫
植物図鑑
有川 浩
「お嬢さん、僕を拾ってくれなせんか。」 思わず「拾って」しまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタク。週末ごとにご近所で「狩り」をする、さやかとイツキの風変わりな同居生活が始まった。 740円
幻冬舎文庫
明日につづくリズム
八束 澄子
高校受験を前に、夢と現実のあいだでゆれ動く千波。大好きな歌に自分を重ね、家族、友情、将来、ふるさと…様々なことに思いをめぐらせ、大人への一歩を踏み出す。 1,404円
ポプラ社
つめたいよるに
江國 香織
愛犬の死に落ち込む「私」の前に一人の少年が現れる「デューク」ほか、幻想的な作品、ユーモラスな作品など、二十一の短編集。繊細で静かな物語が胸に響く……。 496円
新潮文庫
ミッキーマウスの憂鬱
松岡 圭祐
東京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のヴェールに包まれた巨大テーマパークのバックステージを描いた、史上初のディズニーランド青春小説。 529円
新潮文庫
鹿の王〈
上橋 菜穂子
ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出した囚人ヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが…。厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる…。 各1,728円
角川書店
星空ロック
那須田 淳
14歳の少年レオの成長物語。中学2年の夏休み、家族3人ドイツの旅。先に現地入りしていたお父さんが盲腸炎。お母さんは出発を早め、レオはあとから一人、ベルリンへと向かうことに…。初めての異国でのレオの珍道中がはじまる。 1,512円
あすなろ書房
十五少年漂流記
ジュール・ヴェルヌ
「少年諸君よ、どんな危険な状態におちいっても、秩序と熱意と勇気があれば、きりぬけられないことはないのである。」少年達のために書かれた最強の冒険物語。 432円
新潮文庫
カモメに飛ぶことを教えた猫
ルイス・セプルベダ
カモメのケンガ−は死ぬ前に、これから産み落とす卵を黒猫のゾルバに託し、三つの約束をさせた。初めの二つの約束を守るにはゾルバの愛情だけで十分。でも、三つ目の約束を守るには大いなる知恵とみんなの協力が必要だった。愛と感動の物語。 864円
白水Uブックス
(2016年課題図書)
白いイルカの浜辺
ジル・ルイス
浜辺で傷ついたイルカの子どもを見つけたカラは、どうにか助けたいと思う。少女のいちずな願いは、やがて周りの人たちを動かし始めて……。動物と人との心の絆を温かく描く。 1,728円
評論社
老人と海
アーネスト・ヘミングウェイ
老人サンチャゴ。海の男である彼には不屈の闘志があった。小舟で沖に出て1週間、遭遇した巨大なかじきまぐろ。殺すか殺されるか―。いつしか大魚への熱い友情が生まれていた…。 464円
新潮文庫
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
誇りと喜びにあふれ首都神学校に入学したハンスが見たものは、詰めこみ教育と規則ずくめの寄宿舎生活、反抗的な友人の放校。疲れ果てて戻った彼は機械工として人生を始めようとするが…。 367円
新潮文庫
盗まれた記憶の博物館

ラルフ・イーザウ
「だれかがあたしの記憶を消そうとしている!」 姉弟は、失踪した父の記憶を探す。盗まれたのは記憶だけではなかった。古代と現代とが交錯しながら物語は進む。 各2,052円
あすなろ書房
青空のむこう
アレックス・シアラー
人は死んだらどうなるんだろう?誰だって一度や二度考えたことがありますよね。主人公ハリーを通して生きているうちに何をしておくべきか、何が一番大切なのかを必ず教えてくれます。 1,296円
求龍堂
モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム
コラムニストのミッチは、テレビで偶然、恩師を見かける。モリー先生は、体が動かなくなる病に侵されていた。見舞いに訪れたミッチにモリーは言う。「憐れむより君の問題を話してくれないか。」毎週火曜日、最後の授業が始まった。 1,026円
NHK出版
星の王子さま
サン・テグジュペリ
砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから7番目の星・地球にたどり着いた王子様だった。世界中で愛される魔法の1冊。 518円
新潮文庫

書名 著者

内容

価格 発行所

覚悟の磨き方
超訳 吉田松陰
池田 貴将
「不安と生きるか、理想に死ぬか。」誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家吉田松陰。彼の心、志、士、友、知、死についてのリアルな人生哲学の言葉。 1,620円
サンクチュアリ出版
まちがったっていいじゃないか
森 毅
人間、ドジだってかまわない。誤りを恐れずにジグザグ進んでいこう。まちがったら、やり直せばよいのだ。少年の頃を思い出し、若い読者に人間の複雑さ、面白さを伝えて肩の力を抜かせてくれる人生論。 712円
ちくま文庫
本屋さんで待ちあわせ
三浦 しをん
口を開けば本と漫画の話ばかり。『船を編む』が2012年本屋大賞に輝いた人気作家が、愛を込めて語りつくした活字と漫画とエトセトラ。本と本を愛するすべてのひとへ。 1,512円
大和書房
森よ生き返れ
宮脇 昭
大学の先生でありながら、世界中の森の再生を行う筆者。恒常性を保つには多様な木が生えているから。人工林の弱さを指摘し、自然の偉大さ、人間の知恵の稚拙さを思い知らされる本。 1,458円
大日本図書
青い光が見えたから
高橋 絵里香
小学校4年生のときに「ムーミン」の本でフィンランドを知り、できるだけ若いうちにそこで暮らすことを望むようになった少女。彼女が4年間の高校留学を実現し、難しい卒業試験にパスするまでの体験記。 1,404円
講談社
君たちはどう生きるか
吉野 源三郎
著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えたもの。それは人生をいかに生くべきかと問うとき、常にそれが社会科学的認識とは何かを意識して問われねばならぬというメッセージであった。 820円
ポプラ社
こころの処方箋
河合 隼雄
真剣に悩むこころの声の震えを聞き取り、トラブルに立ち向かう勇気を与えてくれるだろう。短い一章一章に込められた偉大な「常識」の力が、必ず助けになる。 496円
新潮文庫
足でつかむ夢
手のない僕が教師になるまで

小島 裕治
4歳の時に交通事故で両手・両腕を失った著者。多くの不安、苦労、挫折を乗り越えて、日本で初めて「手のない先生」として中学校教諭になるまでを綴った感動のエッセー。 1,337円
ブックマン社
孤独と不安のレッスン
鴻上 尚史
「本物の孤独」と「前向きの不安」とは。私たちはいつも友達と一緒にいてメールをする。それでもどこか不安。本当の自分を知るために、孤独と不安に向き合う時間を作るすすめ。 699円
だいわ文庫

書名 著者

内容

価格 発行所

夢をつなぐ
宇宙飛行士・山崎直子の四〇八八日

山崎 直子
2010年4月20日、山崎直子は宇宙ステーションでの活動を終える。宇宙飛行士候補者試験に合格して4,088日間。過酷な訓練、葛藤を前向きな心で克服していく。 514円
角川文庫
マザー・テレサ
かぎりない愛の奉仕

沖 守弘
インドのカルカッタから始まったマザー・テレサの活動は世界中に広がり、孤独な老人のためのホーム、孤児院などの施設は600か所以上に及ぶ。一冊の古本をきっかけにマザーとの交流を重ねてきた著者が、その生涯を余すところなく語る。 1,404円
くもん出版
奇跡のリンゴ
石川 拓治
農薬も肥料も使わず、たわわにりんごを実らせる…。偉大な奇跡を成し遂げた男の物語。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介され、大反響を呼んだりんご農家の挑戦の日々を書籍化。 575円
幻冬舎文庫
空飛ぶ車イス
木島 英登
ラグビー練習中のけがのため、高校三年生で両足の自由を失った著者が、世界39か国を旅した。各国のバリアフリーの状況にも、細やかな観察と考察が及ぶ。「慣れと度胸でどこへでも行けるんだ。」 1,728円
日本社会福祉弘済会
ハンセン病を生きて
伊波 敏男
14歳でハンセン病を発病し、隔離された著者。医学的に隔離不要の病気だと判明した後も、根強い偏見は残り続けた。世間の重圧から妻子も去るが、著者は病気へ理解を促す活動を始める。 907円
岩波ジュニア新書
わたしはマララ
教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

マララ・ユスフザイ
「すべての子供に教育を」と訴え、武装勢力に銃撃された少女の手記。テロにより生活が一変した家族の話であり、女の子が教育を受ける権利を求める闘いの記録である。 1,728円
学研パブリッシング
明日もまた生きていこう
十八歳でがん宣告を受けた私

横山 友美佳
バレーボール生活が一気に闘病生活になった横山さんの実話。この人のように強く生きられるだろうか、といろいろと考えさせられる本。 1,404円
マガジンハウス

書名 著者

内容

価格 発行所

数の悪魔
エンツェンスベルガー
数学嫌い、治ります! 1や0の不思議、パスカルの三角形、素数の秘密……。ここは夢の教室で、先生は数の悪魔。はてしない数の世界の魅力をやさしく面白く解き明かす、オールカラーの入門書。 1,728円
晶文社
ガラパゴスに木を植える
藤原 幸一
原生種を植えるのをやめると、原生林は大陸からの植物たちに征服されてしまう……。毎日100種以上が滅んでいる?! 動物や植物を、そして歴史を知り、明日の地球を共に考えよう。 1,620円
岩崎書店
超巨大地震に迫る
日本列島で何が起きているのか

大木 聖子
纐纈 一起
日本列島を震撼させたM9.0の東北地方太平洋沖地震。なぜ起きたのか?正しい情報を踏まえながら、蓄積された地震研究の知見で今回の地震の全貌を捉え直し、今後の巨大地震を伝える。 799円
NHK出版
面白くて眠れなくなる地学
左巻 健男
「地学」とひと口に言うけれど、その内容は、火山や地震、化石に岩石・鉱物、気候変動、宇宙など、ダイナミックで幅広い。感動する理科、心を豊かにする理科を目指す著者が紹介するとっておきの地学のお話。 1,404円
PHPエディターズ・グループ
ペンギンが教えてくれた物理のはなし
渡辺 佑基
野生動物たちの生活は人間の眼に触れず、生態は謎に包まれたままである。その動物たちのダイナミックな活動から、物理メカニズムを読み解き、その進化的な意義に迫る。 1,512円
河出書房新社
ホタルの光は、なぞだらけ
光る生き物をめぐる身近な大冒険

大場 裕一
発光生物研究の第一人者が、発光生物の見つけ方や、光のなぞや疑問を解こうとする活動を紹介していきます。「ホタルのさなぎは、2色で光っている」「脂肪を燃やす遺伝子が、光りを発する遺伝子に進化した」など、新発見も満載です。 1,512円
くもん出版
脳が冴える15の習慣
記憶・集中・思考力を高める

築山 節
脳は思考・運動・感情系機能をコントロールする。思考系を使わないと、感情系の「楽をしたい」に支配されてしまう。「記憶・集中・思考力」を育てるにはどうするか」をすぐに実践できる方法が満載。 756円
NHK出版

書名 著者

内容

価格 発行所

車イスから見た街
村田 稔

障がいをもつ人にとって、街や社会はどうあればいいのか。家族や友達に支えられながら自ら道を切り開いてきた車イスの弁護士が、体験を通して語りかける。

799円
岩波ジュニア新書
わたしたちと裁判
後藤 昭
裁判とは? 法の精神とは? 裁判の仕組み、判決の方法、膨張の仕方などを分かりやすく説明する。いつか裁判員に選ばれたときのためにも知っておこう。 885円
岩波ジュニア新書
子どものための哲学対話
永井 均
ぼくの猫のペネトレは、普通じゃないことばかり言う。でも考えてみると、ペネトレの言うことのほうが正しいのかも……。子どもも大人も考え方が大きく変わる、ペネトレとぼくの対話を聞いてください。 421円
講談社文庫
中高生のための「かたづけ」の本
杉山 明子
佐藤 剛史
部屋や家の中がキレイになるだけでなく、人生が変わるきっかけを産み出す「かたづけ力」。その「かたづけ力」が社会に出た時にも役立つ力であることを説明する。 907円
岩波ジュニア新書
新13歳のハローワーク
村上 龍

「この会社に入れば、もう安心。」という時代ではない。好きで仕方のないこと、努力が苦にならないことを職業として考えてみたらどうだろう。「好きな教科」を入り口に約六百種の職業を紹介する。

2,808円
幻冬舎
池上彰の新聞勉強術
池上 彰
新聞を読めば、世の中の仕組みが分かる。世の中に溢れる情報は、自分を分析し、自分の役に立ててこそ価値がある。テレビやインターネットとはひと味違う新聞を上手に活用し、情報力を身につけよう。 648円
文春文庫
町工場・スーパーなものづくり
小関 智弘
旋盤工として工場で働いた経験を持つ著者が、日本各地の町工場の実態を調べ、最先端の科学技術が、無名の職人たちによって磨かれてきたことを紹介する。 756円
ちくま文庫

書名 著者

内容

価格 発行所

地雷ではなく花をください
柳瀬 房子
今、地球上に1億1000万個の地雷が埋められ、1日に約70人が犠牲になっている。兵器を取り除き、代わりに花を植えられたらどんなに素晴らしいことか。本当の平和を取り戻すために…。 1,572円
自由国民社
ガラスのうさぎ
高木 敏子
敏子が地方へ疎開していたとき、母と二人の妹は東京大空襲で行方不明になり、やっと会えた父も戦闘機の機銃掃射でなくなってしまう。家の焼け跡から掘り出したガラスのウサギを胸に、戦中、戦後を少女は生き抜く。 648円
金の星社
〈2016年課題図書〉
生きる
劉連仁の物語

森越 智子
1944年日本軍により中国から連れ去られた劉連仁。生きることは、踏みにじられ奪われた人としての尊厳を取り戻すための戦いだった。戦争の傷跡と真剣に向かい合ってみよう。 1,728円
童心社
アンネの日記
アンネ・フランク
15歳で戦争の犠牲となったユダヤ人少女アンネ=フランク。その日記からは、戦争の悲惨さばかりでなく、思春期の夢や悩みも生き生きと伝わってくる。 939円
文春文庫
乙女の日本史
堀江 宏樹
滝乃 みわこ
乙女の目線で見てみれば、歴史はこんなに面白い!万葉歌人の恋愛哲学、堕ちた華族・柳原白蓮に、恋愛模様に溢れた大正・昭和の文豪たち。乙女心震えるあの人物、あの事件を徹底解説! 604円
角川文庫
古代エジプトの数学問題集を解いてみる
三浦 伸夫
古代エジプトで成立した最古の数学問題集「リンド・パピルス」。パンやビール、ピラミッドなどをテーマにとった問題は、当時の文明水準の高さを物語る貴重な資料となっている。古代エジプトの文明の姿に迫ろう。 1,296円
NHK出版
あのころはフリードリヒがいた
ハンス・ペーター・リヒター
ドイツ、ヒトラー政権下のユダヤ人弾圧は、一般の市民も巻き込んで広がっていった。ぼくの幼なじみフリードリヒの父親も仕事を奪われ家を襲撃される。少年の目から見たユダヤ人迫害の物語。 756円
岩波少年文庫